ここから本文です

目立たないけどノーベル賞輩出 実は早大より古い「東京理科大」とは

3/27(金) 17:30配信

アーバン ライフ メトロ

大村智博士を輩出

 2015年、北里大学特別栄誉教授の大村智博士がノーベル生理学医学賞を受賞しました。

【調査結果】自分の子どもの「進路選択」 理系、文系どっちがいい?

 そんな大村博士が修士課程をおさめた大学は、東京理科大学(新宿区神楽坂)です。日本人受賞者は国立大学出身者の独壇場であるなか、唯一の私立大学出身者。この偉業は上位私立大学の双璧を成す早稲田大学(新宿区戸塚町)、慶応義塾大学(港区三田)もいまだに達成していません。

 理系大学として確かな実績を上げている東京理科大学ですが、早稲田大学や慶応義塾大学、上智大学(千代田区紀尾井町)と比べて一般的に知名度が低い印象です。

 ということで今回は、地味ながらも実はすごい東京理科大学に迫っていきます。

京大や早大よりも古い

 東京理科大学の前身「東京物理学講習所」が創設されたのは、1881(明治14)年にさかのぼります。早稲田大学の前身「東京専門学校」がその翌年に開校したことを考えると、国内でもトップクラスの歴史を持つ大学と言えます。

 中村精男、寺尾寿ら東京帝国大学理学部物理学科の卒業生21人の有志によって創設された東京物理学講習所は私塾で、創設2年後に名称を「東京物理学校」に改めました。

 1897(明治30)年に京都帝国大学が創設されるまで、日本国内で自然科学を学べるのは東京帝国大学と東京物理学校だけだったということもあり、多くの学生が門をたたきました。夏目漱石の作品「坊ちゃん」の主人公である新任教師も、東京物理学校卒という設定です。

 最大の特徴は、創設当初から夜学校として、昼間に仕事をしている人向けに高度な勉学の場を提供していた点です。現在も日本で唯一の夜間学べる理学部は数学科や物理学科、化学科の3科構成となっています。

 大村博士も高校教師として働く傍ら、夜学校に学んでいました。このことは、夜学校であっても非常に質の高い研究の場であることを証明しています。

 キャンパスは、

・神楽坂キャンパス(理学部第一部・二部、工学部〈工業化学科〉、経営学部)
・野田キャンパス(千葉県野田市。薬学部、理工学部)
・葛飾キャンパス(葛飾区新宿。理学部第一部〈応用物理学科〉、工学部〈建築学科、電気工学科、情報工学科、機械工学科〉、工学部第二部、基礎工学部〈2~4年次〉)
・長万部キャンパス(北海道長万部町。基礎工学部〈1年次〉)

があり、特に神楽坂キャンパスは、東京メトロやJR総武線など5線が乗り入れする飯田橋駅から近いため、立地もよく通学しやすい環境です。

1/3ページ

最終更新:4/2(木) 8:54
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ