ここから本文です

【NFL】リバースは「若い38歳」とコルツオーナー

3/27(金) 7:31配信

NFL公式サイト日本語版

年齢を重ねたクオーターバック(QB)フィリップ・リバースを加えることでプレーオフへ行けると考えたインディアナポリス・コルツは、計算ずくの賭けに出た。すぐにQBジャコビー・ブリセットを飛び越してリバースをナンバー1に据えることに対しては、38歳のリバースが昨シーズンにインターセプトを20回浴びていることから、懐疑的な見方が出ていた。これまでに何人ものQBが年齢という崖でパフォーマンスを急落させてきたのだ。

【動画】2019年第17週:コルツとジャガーズの一戦

コルツのオーナーであるジム・アーセイはプロボウル8度選出のQBについて、そういった懸念を抱いていないようだ。

「フィリップは若い38歳なんだと思うよ」とアーセイはチームの公式サイトに対して語っている。

「われわれはドリュー・ブリーズやトム・ブレイディのような、40歳を過ぎて今もプレーし、素晴らしいことをやっている者たちを見ている。フィリップは2021年12月にようやく40歳になるんだ。だから、私は彼が優れたリーダーシップを持ち、投球も素晴らしいと思うし、何よりわれわれにはフットボールでベストのオフェンシブライン(OL)がいると感じているんだ。そういったものは構築するのに長い時間がかかる」

コルツにとって有利に働くのがそのOLだとアーセイは指摘した。

ここ数シーズンのリバースはロサンゼルス・チャージャーズの目の粗いOLの背後でしばしば苦戦を強いられてきた。ところが、これからはリーグでもベストに数えられるOLと共にプレーできる。ターゲットを定めるための時間も増えるはずだ。

アーセイとコルツは昨シーズンのリバースの不調は年齢のせいではなく、チャージャーズで置かれていた状況によるものだと考えている。アーセイが正しければ、このギャンブルで得られる見返りは大きいだろう。

最終更新:4/1(水) 0:00
NFL公式サイト日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事