ここから本文です

ニューイヤー駅伝初参戦で5位躍進も「No.1でないと意味が無い」 GMOが目指す壮大な野望

3/27(金) 18:10配信

REAL SPORTS

今年のニューイヤー駅伝、初出場でいきなり5位入賞を果たした、GMOインターネットグループ。客観的に見れば初出場で5位は好成績、大躍進を果たしたように思えるが、当の本人たちはこの結果にまったく満足していないという。
「GMOアスリーツ」が目指す壮大な目標とは何なのか? 部長の安田昌史氏と、マネージャーの本多勇樹氏に話を聞いた。

(インタビュー・構成=浜田加奈子[REAL SPORTS編集部]、撮影=長尾亜紀、写真提供=GMOアスリーツ)

世間的に見れば好成績でもまったく満足していない

――創部4年目にしてニューイヤー駅伝に初出場、5位という好成績を収めましたが、この結果について感想をお聞かせください。

本多:私どもは本気で優勝を目指していたので、5位という結果にはあまり満足していないのが本音です。やはり、やるからには1番を目指すというのがGMOインターネットグループという企業のフィロソフィーにあります。世の中にさまざまな商材やサービスがある中で、2番手、3番手のものはなかなか選ばれません。参入するからにはナンバーワンにならなくてはいけない。GMOアスリーツでもナンバーワンになるという目標を掲げて創部したので、そこが達成できなかったことは、会社としては満足できていません。

――それでは選手、監督も含めて、5位の結果を喜ぶような雰囲気はなかったのでしょうか?

本多:1位の旭化成に圧倒的に負けたという明確な結果が出ましたので、選手はまったく喜ぶ雰囲気はないですね。箱根駅伝で優勝経験している選手も多くいるので、悔しさをかなり表に出す選手もいました。

――社内もやはり、選手たちと同じように悔しいといった雰囲気だったのでしょうか?

本多:パートナー(同社では「従業員」の呼称)からはよく頑張ったんじゃないかという意見は出ています。ただそれは、やっぱり優勝は無理だったよね、ということではなく、総力戦で戦った結果、自分たちは5位だった。その現実を受け止めて、次に向けてもっとやらないといけないと結束力が高まりました。

安田:もちろんがんばった選手はねぎらってあげたいですし、客観的に見て、初出場で5位入賞したというのは評価されているかもしれません。しかし、会社としてナンバーワンを目指すという強いポリシーを持っているので、やはり当社の評価軸で見れば自己評価はできません。それだけ会社として陸上チームに力を入れているということでもありますね。

1/5ページ

最終更新:3/27(金) 19:48
REAL SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事