ここから本文です

Matt、“美の最終目標”について「今のお化粧を一生続けるとは思わない」「魂が求めていることを優先したい」

3/27(金) 12:50配信

AbemaTIMES

 『イヴ・サンローラン・ボーテ表参道 フラッグシップブティック』のオープンセレモニーが26日表参道ヒルズで行われ、タレントのMatt(25)がテープカットを行った。

【動画】Matt、現在のメイクはいつまで?

 店内の印象について「本当にかっこよくて、そして色々なお試しができてパッケージも可愛くて早く手にとりたいなって思いました。もっともっとメイクを楽しんでいきたいなって思えるし、目でも楽しめる店内でした」とコメント。

 司会から「美に関して最終ここを目指したいという目標などありますか?」と質問されると「今は若さに頼っている部分があって、これから年齢と共に違う悩みが増えていくと思うので、それにちゃんとあったものを使いたい」と回答。続けて「リップのカラーや趣味も変わってくると思う。今のお化粧を一生続けるとは思わないので、自分の魂が求めていることや、こういう風になりたいっていう気持ちを優先してメイクに取り入れ表現していきたい」と話した。

 また、来店するファンへ向けメッセージを書くコーナーでは「LOVE」と書いたボードを見せ、「僕は人生を通して、全ての“LOVE”って本当に大切だなと思っています」とコメント。続けて「こんな大変な時期だからこそ“LOVE”を大切にして、思いやりの気持ちを持ってみなさん過ごして欲しい。小さな力かもしれませんが救えることもあると思います。」と語った。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:3/27(金) 12:50
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事