ここから本文です

子どもの習い事、いつが始め時? やめたいと言われたらどうする?

3/27(金) 10:45配信

LIMO

いよいよ4月も目前に迫ってきましたね。“新生活”気分が高まる4月は、実は習い事を始める子どもが一番多いタイミングなのだそうです(イー・ラーニング研究所「子どもの新生活に関するアンケート」より)。

進学や進級で環境も変わるのに、習い事まで始めるなんて大変じゃない? と少し不思議な気もしますが、そんなタイミングだからこそ、これから始まる1年間をより良いものにするために“4月スタート”が選ばれるのかもしれません。「子どもたちの習い事」事情を探っていくと、その理由も見えてきます。

いま、人気のある習い事は?

どんな習い事をしている子どもたちが多いのでしょうか。子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディが実施した「習い事に関するアンケート」(対象:12歳以下の子どもを持つ全国の保護者1,061名、調査期間:2019年2月4日~3月4日)の結果から、トップ5を見てみましょう。

 ・1位:水泳(39%)
 ・2位:学習塾、公文(23%)
 ・3位:英語(23%)
 ・4位:ピアノ、エレクトーン(19%)
 ・5位:体操(12%)
※回答586人。子どもの年齢との関係を明確にするため、子どもが一人の家庭に絞って回答を集計。

全体でもスポーツ系に限定しても、圧倒的な人気を誇るのは「水泳」です。次にスポーツ系で人気なのが体操。筆者のまわりでも、体力づくりや運動の基礎を身につけさせたいという理由から習わせている親御さんが幾人もいます。

2位、3位には勉強系の習い事が並びました。英語が上位に入っているのは、グローバル化する社会でのスキル獲得というだけでなく、2020年度から小学校で英語が正式な「教科」となることの影響が大きいのではないでしょうか。

複数の習い事をしている子どももいるので一概には言えませんが、学習系上位2つを単純合計すると50%を超えます。学習塾も英語レッスンも、新学年に上がるタイミングから始めるのはいたって自然な行動。4月に習い事を始める子どもの数が多くなるのも頷けます。

音楽系ではピアノやエレクトーンが4位にランクインしていますが、実は、年々減少傾向にあるそう。筆者が幼い頃はピアノは習い事の定番だったので、ちょっと寂しい気もします。ただ、習う楽器の種類も多様化しているので、ひと昔前のように鍵盤楽器が圧倒的というわけではないのでしょう。

音楽系で注目したいのが「リトミック」。まだトップ10圏外ですが、乳幼児から音楽に親しみ、リズム感や集中力が育まれる習い事として注目され始めています。

1/2ページ

最終更新:3/27(金) 11:35
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ