ここから本文です

大阪・感染者のほぼ半数が『感染経路不明』“水面下の感染者集団”の対策チーム設置

3/27(金) 11:54配信

MBSニュース

MBSニュース

 大阪では、新型コロナウイルスの感染者は159人に上っています(3月27日午前11時時点)。その内、ほぼ半数にあたる77人の“感染経路が不明”で、大阪府はさらなる警戒を呼び掛けています。

 感染経路がわかっていない人の割合は増えていて、3月26日に確認された感染者7人の内では6人の感染経路がわかっていません。

 大阪府は、水面下で感染者集団(クラスター)が発生しても把握が難しく、爆発的な患者の増加を引き起こす恐れがあるとして、新たな対策チームを設置しています。

 また吉村知事は『感染者が急増している首都圏への不要不急の訪問は避けるよう』呼びかけています。

MBSニュース

最終更新:3/27(金) 11:54
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ