ここから本文です

大韓感染学会「医療関係者に疲れ…今からでも外国人の入国を禁止して下さい」

3/27(金) 8:25配信

朝鮮日報日本語版

感染学会理事長、フェイスブックに投稿「外国人まで治療する余力ない」

 大韓感染学会の白敬蘭(ペク・キョンラン)理事長が26日、政府と防疫当局に「今からでも外国人の入国を禁止することを望む」と訴えた。

【表】韓国のコロナ感染者数の現況(27日0時)

 白敬蘭理事長は同日、フェイスブックの自身のアカウントに「国民の治療も大変だし、医療関係者も疲れた」「外国人まで治療しているほど第一線の余力は残っていない」と投稿した。そして、「(外国人が)治療を受けにわざわざ国内に入ってくるとも」としている。

 白敬蘭理事長はまた、「ほかの国はすべて、既に韓国(からの入国)を阻んでいる」「政府が主張する相互主義に立脚して(入国)禁止」とも書いた。同日現在、世界170カ国あまりが韓国からの入国禁止や入国制限措置を下しているが、韓国政府は先月4日に中国・湖北省に対して入国禁止を下しただけで、それ以降、ほかの地域や国に入国禁止を取っていない。

 大韓感染学会は先月、政府が中国・湖北省の入国禁止方針を打ち出すと、「湖北省だけでなく、ほかの中国の地域にまで入国禁止を拡大し、中国からの入国者に対して2週間の義務隔離が必要だ」という政府への勧告を発表している。白敬蘭理事長は「外国人が入院し、看護師に自動通訳機を要求したので買った」「もしかして中央防疫対策本部とつながったら、外国人を阻止してほしい。もう疲れた」という第一線の医師たちの言葉もフェイスブックで伝えた。

最終更新:3/27(金) 11:13
朝鮮日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ