ここから本文です

6月末で切れる選手や監督の契約がシーズン終了まで延長か、FIFAが推奨へ

3/27(金) 0:00配信

超WORLDサッカー!

国際サッカー連盟(FIFA)が新型コロナウイルスの影響によって欧州リーグのシーズン終了が7月以降にずれ込む可能性を見越し、6月末で切れる選手や監督の契約がシーズン終了まで延長されることを推奨しているようだ。イギリス『ロイター』が報じている。

3月の段階でコロナウイルスの影響により欧州各国でリーグ戦が中断している中、感染拡大が止まらないことを受けて、4月頭に再開すると発表していたプレミアリーグやブンデスリーガでは更なる延期で合意に至っている。6月末で契約を終える選手や監督が存在する中、その時点でシーズンを終えられない可能性が高まっていることを受け、FIFAが特例措置を検討していると、同メディアは伝えている。

死者が世界最多の7500人を超えているイタリアでは真夏のリーグ戦開催も示唆しているが、異例のシーズンとなった今季を終えるには柔軟な対応が求められるのかもしれない。

超WORLDサッカー!

最終更新:3/27(金) 0:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事