ここから本文です

ユーベがマルセロに関心! 今年5月に32歳も4年契約を準備か?

3/27(金) 21:00配信

超WORLDサッカー!

ユベントスがブラジル代表DFマルセロ(31)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

【動画】もはや芸術…ポグバがユーベで魅せたスーパーゴールの数々

2007年1月にマドリーに加入して以降、左サイドバックの絶対的な主力に君臨してきたマルセロ。しかし、昨夏にリヨンからフランス代表DFフェルラン・メンディが加入を果たすと、今シーズン途中から序列が低下。

2-0で快勝したバルセロナとのエル・クラシコではさすがのパフォーマンスを披露したものの、近年は度重なるケガの影響もありパフォーマンスの衰えが指摘されている。

現在のマドリーにおいて“アンタッチャブル”な存在ではなくなりつつブラジル代表DFに関しては、今年初めにパリ・サンジェルマンからの関心が伝えられるなど、昨年頃から退団の可能性が噂され始めている。

そして、マルセロのレアル・マドリー時代の盟友、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが在籍するユベントスは、ここに来て同選手への関心を強めているようだ。

ユベントスではブラジル代表DFアレックス・サンドロが左サイドバックのレギュラーを務めているが、バックアッパーに左利きの選手がおらず、イタリア代表DFマッティア・デ・シリオやブラジル代表DFダニーロと右利きのユーティリティープレーヤーが不在時の代役を担っている。そのため、左サイドバックの控えは今夏の優先補強ポイントとなっている。

もちろん、ユベントスにはカリアリにレンタル移籍中のイタリア代表DFルカ・ペッレグリーニの呼び戻しという選択肢もあるが、マウリツィオ・サッリ監督は昨夏の段階でクラブに獲得をリクエストするなど、マルセロの経験と能力を高く買っているようだ。

それを裏付けるように、ユベントスは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大される前の段階でスカウトをマドリードに派遣し、マルセロの代理人と話し合いを行う計画を持っていたという。ただ、最終的には渡航許可が下りず、その話し合いはお流れとなっていた。

また、イタリア『La Stampa』は、ユベントスが今年5月に32歳となる同選手に対して、異例の4年契約のオファーを準備しているとも報じている。

過去にはバルセロナからブラジル代表DFダニエウ・アウベスの獲得に成功したユベントスだが、今度はマドリーからベテラン左サイドバックを獲得することになるのか…。

超WORLDサッカー!

最終更新:3/27(金) 21:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事