ここから本文です

【SUVとして見事なバランス】メルセデスAMG GLC 43に試乗 マイナーチェンジ

3/27(金) 10:20配信

AUTOCAR JAPAN

以前から好印象だったGLC 43

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)
 
メルセデスAMGのエントリーグレードとなる、43。いくつかのモデルに設定されているが、以前試乗したGLCの43には感心した。総合的な動的性能と豪華さ、快適性とのバランスが素晴らしかったのだ。

【写真】GLC 43とライバルSUV (144枚)

2020年になり、GLCにはモデル中期のマイナーチェンジが行われた。AMG版のGLCにも手が加えられている。見た目の変化としては、専用のAMGグリルとヘッドライトなどがわかりやすい。

一方でAMGらしく、パワーアップも果たしている。3.0LのV6ツインターボ・エンジンは、従来まで367psを発揮していたが、フェイスリフトに合わせて390psへと引き上げられた。

加えて4輪駆動システムは、リアタイヤへのトルク配分が高くなるように調整。機敏性を高めるために、シャシー・セッティングにも変更を受けている。

好印象だった従来から、追加のパワーといくつかの変更が加えられたGLC 43。全方位的なバランスの良さは保ちつつ、ドライビング体験は向上しているのだろうか。英国の道で確かめてみよう。

以前に試乗したメルセデスAMG GLC 43は通常のSUVボディだったが、今回はクーペ。フェイスリフトを受けたとしても、基本的にメカニズムは共有する。実用性は傾斜の強いルーフラインで妥協せざるを得ないし、価格も少し割高ではあるけれど。

フロントグリルやLEDヘッドライトのほか、AMG製の20インチ・アルミホイールやリアディフューザー、ツイン出しのマフラーカッターなど、通常のGLCとの差別化はバッチリ。どちらかといえば控えめだが、歓迎される差別化だといえる。

フェイスリフトでプラス23psを獲得

インテリアは、メルセデス製のSUVとして期待通りの広さと快適さ。SUVらしさは薄いとはいえ、スポーツシートが心地よくドライバーを包んでくれる。底辺がフラットになったAMGステアリングホイールは、握っていて心地いい。

通常のGLCと同様に、12.3インチのモニターによるデジタルメーターと、10.25インチのインフォテインメント用モニターを備える。MBUXで動作するタッチモニターの位置は適正で、操作もしやすい。

最も読者の興味を引くのは、ボンネットの内側かもしれない。メルセデスAMGによれば、ソフトウエアのアップグレードと大きなターボチャージャーを採用し、23psの追加を得たとしている。ターボの位置は、レスポンスを鋭くするためにエンジン近くに改められた。

9速ATは従来から変わらず。最大トルクも52.9kg-mで同値。最高速度もこれまでのように、249km/hでリミッターがかかる。

最大トルクは2500rpmから4500rpmで発生するから、静止状態からすぐに体感することが可能。軽くはないSUVのボディながら、V6エンジンは勢い良くスピードを乗せていく。

パワーアップは果たしているものの、6気筒エンジンの放つサウンド面での変化は小さい。アクセルを踏み込めば荒々しいノイズで応えてはくれるが、より本気なAMGと比べれば、穏やかな方だ。

スポーツかスポーツプラス・モードを選択すると、ATは高回転域まで変速せず、レスポンスがさらに良くなる。マニュアルモードで変速すれば、ドライバーの意図通りに、喜んでシフトダウンもしてくれる。

1/2ページ

最終更新:3/27(金) 10:20
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事