ここから本文です

“資金繰り”“雇用”に対応 広島県・広島商議所など 事業者の相談窓口

3/27(金) 12:16配信

RCC中国放送

中国放送

 新型コロナウイルスの影響を受けている事業者に向けた相談窓口が、広島県庁に設置されました。

 県の相談窓口は、広島商工会議所や県商工会連合会と合同で、県庁東館3階に26日、設置されました。

 新型コロナウイルスの影響を受けている事業者を対象に、経営指導員などが資金繰りや雇用などの相談に電話やメールで応じるほか、窓口で直接対応します。

 県には、これまでに62件の相談が寄せられていたということです。

 「新型ウイルス感染症の影響を受けて、資金繰りなどに不安を感じていらっしゃる事業者さんが非常に増えているという声をいただきましたので、不安を少しでも解消していただくために相談対応する窓口を設けました。個人事業者の方も相談をお受けしますので、ぜひ、お越しいただきたいと思います。」(広島県 経営革新課 和田徹課長)

 相談の受け付けは、土日・祝日を含む毎日午前9時から午後5時までで、平日は県内の商工会議所と県商工会連合会でも相談を受け付けています。

  (県相談窓口)

    面 談 毎日 午前9時~午後5時
    電 話 082-513-3321
    メール syokeiei@pref.hiroshima.lg.jp

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:3/27(金) 12:16
RCC中国放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ