ここから本文です

金沢、桜開花 最も早い記録に並ぶ

3/27(金) 1:46配信

北國新聞社

 金沢地方気象台は26日、構内にあるソメイヨシノの標本木が開花したと発表した。平年より9日、昨年より6日それぞれ早く、1953(昭和28)年の統計開始以来、89、2002年と並んで最も早くなった。5日程度で満開を迎えるとみられる。

 日中の最高気温は金沢18・5度、輪島19・1度など4月上旬~5月上旬並みの暖かさとなった。金沢市広坂2丁目のソメイヨシノも花芽を膨らませた。

 同気象台は26日、金沢で今年初めてモンシロチョウを観測したと発表した。平年より12日、昨年より11日それぞれ早い。

 桜の開花発表を受け、石川県金沢城・兼六園管理事務所は30日~4月5日、兼六園を無料開園し、兼六園と金沢城公園の開園時間を午後9時半まで延長する。

北國新聞社

最終更新:3/27(金) 1:46
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ