ここから本文です

高須院長 新型コロナへの経済対策で自民党内の「お魚券」「お肉券」案に「発想が幼稚だ。現金が一番よい」

3/27(金) 12:05配信

スポーツ報知

 高須クリニックの高須克弥院長が27日、自身のツイッターを更新した。

 高須氏はツイッターに「自民党水産部会が新型コロナウイルスの感染拡大を受けた水産分野の経済対策として、国産魚介類を対象とした商品券を発行する案を示し、自民党農林部会も国産牛肉を対象とした「お肉券」を発行する案をまとめた」ことを報じるネット記事を貼り付けた。

 この自民党の経済対策案に高須氏は「発想が幼稚だ。現金が一番よい」とつづった。

 その上で「日銀券が無理なら政府券でもよい。藩札でもよい」とツイートしていた。

報知新聞社

最終更新:3/27(金) 12:05
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ