ここから本文です

プルーフポイント、ウェブ分離のセキュリティサービスを開始

3/27(金) 6:00配信

ZDNet Japan

 日本プルーフポイントは3月26日、ウェブブラウジングを分離環境で実行することでマルウェア感染などを防ぐセキュリティ対策のクラウドサービス「Proofpoint Browser Isolation」と「Proofpoint Email Isolation」を開始した。

 両サービスは、クライアント端末からウェブサイトの閲覧やウェブメールの利用を行う際に、各種コンテンツの処理をクラウド上のコンテナー環境で実行し、そのイメージをクライアント端末に配信する仕組みとなる。

 これにより、ウェブ側から不正なプログラムやコンテンツがダウンロードされても、それらが実行されるのはクラウド上のコンテナー環境になるため、クライアント端末は影響や被害を受けない。クライアント端末にエージェントソフトウェアなどを導入する必要もない。

 同社では、コンテナー環境での処理が高速に行われることから、クライアント端末側で行うのに近いウェブ利用環境になると説明する。また、クラウド型サンドボックスサービス「Proofpoint Targeted Attack Protection」を併用すれば、悪質なウェブへのアクセスを未然に防止するなど、セキュリティレベルを高められるとしている。

最終更新:3/27(金) 6:00
ZDNet Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ