ここから本文です

ノルウェーSWFが株購入の公算大、相場下落で保有比率が目標下回る

3/27(金) 0:42配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ノルウェー政府系ファンド(SWF)は、相場急落に伴い資産ポートフォリオに占める株式の比率が低下したことから、株を購入する見通しだ。

同ファンドの株式資産は年初からこれまでに23%値下がりしており、資産全体に占める比率は65%をわずかに上回る程度。これは運用受託で目標としている70%を大きく下回る。

イングベ・スリングスタッド最高経営責任者(CEO)はオスロで開かれた記者会見で「当ファンドはいわゆるリバランスルールを発動する可能性が高い状況にある」と述べ、「つまり今後どこかの時点で世界の株式市場から株を購入し始める公算が大きいということだ」と説明した。

同ファンドの規定によれば、資産ポートフォリオに占める株式の比率が目標の70%から2ポイントを超えて乖離(かいり)した場合には財務省に通知することが義務付けられている。

すでにポートフォリオの調整を開始したかどうかについて、スリングスタッド氏はコメントを避けた。

同ファンドのリターンとリスクに関する年次報告書に関連して示された資料によると、全体の資産は年初から3月25日までに16%縮小した。

原題:Norway’s $945 Billion Wealth Fund Set to Buy Stocks Due to Rout(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Mikael Holter

最終更新:3/27(金) 0:42
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ