ここから本文です

【MotoGP】クアルタラロ、ロレンソと良い関係築く「彼のテスト機会を増やして欲しい」

3/28(土) 14:42配信

motorsport.com 日本版

 2019年最終戦バレンシアGPをもってMotoGPを引退したホルヘ・ロレンソ。彼はそこからわずか数ヶ月後には、過去に3度のチャンピオンを獲得した古巣であるヤマハへ、テストライダーとして復帰することを発表。2月に行なわれたセパンテストで数年ぶりにヤマハのマシンを走らせた。

【ギャラリー】また2位、あいつさえいなければ……マルク・マルケスに敗れた男たち

 ヤマハはロレンソのテストライダー起用に先駆けて、マーベリック・ビニャーレスとの契約延長、そしてファビオ・クアルタラロを2021年にファクトリーチームへと昇格させることを発表。クアルタラロはバレンティーノ・ロッシという伝説的なライダーの後任に据えられることになった。

 クアルタラロのファクトリー昇格は大きな話題となったが、彼は既にロレンソと良い関係を築いていると話した。

「僕はホルヘと良い関係を築いているよ。ソーシャルメディアなんかでもジョークを言っているんだ。彼がワイルドカード参戦で何度かトラックに現れればいいと思っているよ。バルセロナの1回だけじゃなくてね」

 クアルタラロはイタリアの放送局に対してそう語った。

「僕としては、彼はレースのライバルと言うよりもマシン開発を助けてくれるテスターだ」

「ヤマハが彼にさらにテストを行なわせてくれることを願っている。もしその代わりにフル参戦として戻ってきたなら驚きだけどね」

 クアルタラロは2021年以降のシートを早々に射止めたが、現在のチームメイトであるフランコ・モルビデリの契約は今年が満期であり、契約を勝ち取らなければならない。

 2021年のペトロナス・ヤマハSRTのライダーラインアップについては、ロレンソとロッシというチャンピオンライダーによるドリームチームが結成されるのではとも噂されている。

 しかしクアルタラロはモルビデリがチームに留まると予想している。

「僕はフランコがヤマハに留まると思う。なぜなら彼は昨年素晴らしい仕事をしていて、プレシーズンテストでもそうだったからだ。ふたり目のライダーだけど、まずチームがバレンティーノ・ロッシのような経験あるベテランか、将来を見込んだ若手のどちらを好むのかを理解することは必要だろう」

Germán Garcia Casanova

最終更新:3/28(土) 14:42
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事