ここから本文です

【Krush】松本日向が初回KO勝利でプロデビュー3連勝

3/28(土) 20:04配信

イーファイト

K-1実行委員会
『Krush.112』
2020年3月28日(土)東京・後楽園ホール(無観客試合)

【フォト】右のパンチを振るう松本

▼第3試合 Krushバンタム級/3分3R・延長1R
●多久田和馬(K-1GYM横浜infinity)
KO 1R 2分13秒 ※右フック
○松本日向(K-1三軒茶屋シルバーウルフ)

 格闘代理戦争4tnの皇治軍団で活躍した松本が、プロデビューから3連勝をかけてKrushのリングに初参戦する。昨年はデビュー戦のKHAOSで橋本実生に延長判定で勝利、昨年12月のK-1名古屋大会では、橋本とのリマッチで2連勝。

 対戦相手は、若手選手が多く在籍するK-1GYM横浜infinityの新鋭・多久田。多久田はK-1甲子園2018 -55kg王者でプロデビューしてから3連勝で無敗記録を更新中だ。

 サウスポーの多久田は身長で松本を上回り、左ミドル、ボディへのヒザで攻める。ややペースを取られたかに見えた松本だが、接近すると右フックを当て、そこから左ストレートを繋げ多久田をダウンさせる。
 多久田は立ち上がるもダメージが見られ、松本は右フックを打ち込み2度目のダウンを奪取。
 ダメージの蓄積する多久田は左ミドル、胴回し回転蹴りと放つが松本は当てさせず、右フックで3度目のダウンを与え、初回ノックアウトで勝利した。

 松本はマイクを持つと無観客の大会であったが「いつも来てくれる応援団がしっかり見えていたので、感謝しかないです」と話し、所属のシルバーウルフにも感謝を述べた。

最終更新:3/28(土) 20:04
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事