ここから本文です

<死にたい夜にかぎって>最終話 “浩史”賀来賢人と“アスカ”山本舞香の恋が完結

3/29(日) 15:05配信

MANTANWEB

 俳優の賀来賢人さん主演の連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」最終第6話が、MBS・TBS深夜の「ドラマイズム」枠で3月29日から順次放送される。2011年3月11日、自宅でから揚げパーティーをしていた主人公の浩史(賀来さん)と同棲中の恋人・アスカ(山本舞香さん)を巨大地震が襲った。

【写真特集】賀来賢人と山本舞香が緊急事態に 第6話場面写真

 アスカは、1回目の揺れには耐えたが、2回目の揺れで心が再び壊れてしまった。浩史も閉所恐怖症を再発してしまう。独りでこの恐怖に勝つしかないと腹を決めた浩史は、トイレに駆け込み自分をなだめたが、アスカを一人にしてしまう……。

 地震約1カ月後のいつも通りの朝、アスカは「浩史。別れよっか」と言い、6年間の恋が、突然終わりを告げる……。予告映像では、2人の数々の名シーンが公開されている。

 原作は、ウェブサイト「日刊SPA!」で掲載された連載エッセーを、「恋愛エピソード」を中心に再構築した爪切男(つめ・きりお)さんの実体験を基にした同名小説(扶桑社)。幼くして母に捨てられた男・小野浩史が、さまざまな女たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻していく、もの悲しくもユーモアあふれる物語。

 MBSで毎週日曜深夜0時50分、TBSで毎週火曜深夜1時28分(第6話は1時30分)に放送。

最終更新:3/29(日) 15:05
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事