ここから本文です

思い切りの良さだけではない。横浜DeNAドラフト1位・森敬斗(桐蔭学園出身)が大事にする想像すること

3/28(土) 7:00配信

高校野球ドットコム

 千葉ロッテのドラフト1位・佐々木 朗希(大船渡出身)や、東京ヤクルトの奥川 恭伸(星稜出身)など、高卒ルーキーたちの活躍に注目集まるが、横浜DeNAの森 敬斗(桐蔭学園出身)も着々と成長している。

【動画】履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開

 27日にBCリーグの神奈川フューチャードリームスと対戦した横浜DeNA2軍チーム。森は途中出場すると、5回にライト前へヒットを放った。今は2軍だが、プロの世界のレベルに少しずつ対応している森。その森の打席を見ていて印象的なのはフルスイング。実際に、打席で見せる思い切りの良さでU18の時も1番打者として打線を牽引した。

 しかし取り上げたいのはイメージすることだ。2018年の神宮大会の際に森に意識していることを聞くと、イメージすることを語っていた。
 「試合前日までに相手のことを調べて、相手投手がどんな球を投げて、どんなコースを投げて、自分がどう打ち返すのかをイメージします。もちろん守備でもです。打撃について説明すると、良いイメージというのは、ホームランや遠くへ飛ばすことではなく、この場面で自分はどう打つのかなど内容面を具体的にイメージすることなんですけど、関東大会まではそれができたことで、打てる球、打つべき球をとらえることができました」

 つまりイメージトレーニングで、最高の結果を残す自分のパフォーマンスをシミュレーションをすることを語っていた。本格的にグラウンドで練習ができない今だからこそ、試合で活躍することをイメージする。1人で向き合える時間が長いからこそ、自分のプレーをじっくり見つめ直すのも良いのではないだろうか。

最終更新:3/29(日) 20:38
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事