ここから本文です

コウチーニョの移籍先 バルサの決定に運命を委ねる

3/28(土) 8:24配信

SPORT.es

フィリペ・コウチーニョの環境は、FCバルセロナとバイエルン・ミュンヘンにはないことを知った後、ここ数ヶ月の渡ってあらゆる話が出ている。

将来不透明なコウチーニョ 英4クラブが関心示す

昨年夏、コウチーニョは最終的に自らの意思でバイエルンへと去ったが、ドイツでも居場所を見つけらなかった。ブラジル人選手はエージェントを通して、バルセロナがいかなる対応をとっても問題を残すことはないとクラブに伝えている。ブラウグラナにとって有益な場合は、再び他クラブへのレンタルも可能である。

■コウチーニョとプレミアリーグ
コウチーニョの優先事項はプレミアに戻ることだが、どのクラブからもまだ正式なアプローチはない。チェルシーやアーセナル、マンチェスター・シティが彼にとって優先される移籍先となる。

ブラジル人MFはマンチェスター・ユナイテッドに行くことを望んでおらず、トッテナムも最終的な選択肢となるだろう。昨年夏、スパーズはバイエルンとの合意が成される直前でオファーを取り下げた過去がある。

コウチーニョはイングランドに戻り、キャリアを再開したいと考えている。インテルも彼にコンタクトを取ったが、ユヴェントスからの申し出がない限りカルチョに戻るプランはない。

SPORT

最終更新:3/28(土) 8:24
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事