ここから本文です

ニキビを克服したLA在住モデル、ブリアナの話

3/28(土) 22:23配信

ELLE ONLINE

慢性的なニキビは鏡を見るたびにため息をつきたくなるもの。LA在住モデルのブリアナ・ガブリエラもその一人だったけど、スキンケアルーティンを見直すことで、たったの2カ月で肌質を改善したのだとか。仏版「エル」からリポート。

ニキビを改善するべくアイテムを見直し

ロサンゼルスをベースに活動しているモデル、ブリアナ・ガブリエラはナチュラルなスキンケア方法で肌悩みを克服した女性のひとり。

彼女が悩んでいたのは顔や頬全体に広がるニキビ。モデルであってもそうでなくても、思春期から慢性的なニキビに頭を抱えている女性は意外と多いものだ。

「思春期の頃、私は部屋から出たいと思えないほどニキビに悩んでいました」

これまでに多くのスキンケアメソッドを試したブリアナ。ニキビはタイプによってさまざまな治療法があると理解したうえで、スキンケアルーティンをナチュラルなものへとシフトすることに決めた。

自然由来のアイテムにフォーカス

ブリアナが目を向けたのはスーパーで購入できるもの。例えばホホバオイル。これはクレンジングとして、メイクをオフするときに肌になじませた。お湯でオフするだけで汚れは落ちるし、肌もしっとり潤う。

保湿に関しては「シアテアオーガニック」の“ローズヒップ&キャロット”のセラムとラベンダーの精油を愛用。これも、100%ナチュラルかつビーガン、パラベンなどの添加物は含まれていないものを選んだ。

1週間で驚きの変化が

日中のデイクリームはSPF30の日焼け止めで紫外線をしっかりガード。スペシャルケアとしてハチミツとウコン、シナモンをブレンドしてオリジナルのフェイスマスクを作って約1時間のせていたそう。

ブリアナのニキビは驚くほど減少。たった1週間で変化があわられ、2カ月も経つ頃には肌質の改善も見られたのだ。

前向きな気持ちで肌と向き合う

メイクアップをしない日は極力肌を休ませているというブリアナ。

「夜寝る前に肌をクリーンにしたら、シミにシアバターを塗るのがお気に入りなの」とインスタグラムで説明。

ニキビを自分なりの方法で乗り越えたブリアナ。現在、彼女のSNSには肌に悩みを持った女性が1日に何人も訪れ、肌にまつわる質問をしている。

とはいえ、オーガニックベースのナチュラルなアイテムであっても、ニキビを悪化させたり肌に合わなかったりするケースも。専門家に相談したり正しい情報を集めたりしつつ、ブリアナのように好奇心を持ってスキンケアやコスメと向き合うのが美肌への近道といえそうだ。

(Translation & Text : Nathalie Lima KONISHI)

最終更新:3/28(土) 22:23
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事