ここから本文です

不登校だった中3女子の卒業式 高校生活は「めちゃくちゃ楽しみ」

3/28(土) 20:21配信

TOKYO FM+

TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」3月26日(木)の放送では、『SCHOOL OF LOCK! 卒業式』を開催。パーソナリティのとーやま校長が、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で学校の卒業式が短縮、中止となってしまった15歳の女子リスナーに直接電話を繋いで卒業を祝いました。

――中1から不登校、卒業式には「区切りをつけに」

とーやま校長:中学校3年生の学年だよね? 卒業式はあった?

リスナー:3月3日に、来賓とか無しでありました。

とーやま校長:親とかは?

リスナー:親はいました。

とーやま校長:そうか。卒業式はどうだった?

リスナー:う~ん……私は中1の11月から学校に行けなくなっちゃったんです。なので、中学の3年間にただ区切りをつけに行く日でした。

とーやま校長:これさ、中1の11月に何があったの?

リスナー:部活でトラブルがあって、通えなくなりました。

とーやま校長:そこからは、どうしていたの?

リスナー:そこからはずっと家にいたわけでもなく、フリースクールに行ったりとか高校受験に向けて勉強したり、好きなことをやったりしていました。

とーやま校長:好きなことって、どんなことをやったの?

リスナー:絵を描いたり、夢が声優さんなのでその夢に近づくために、いろいろとやっていました。

とーやま校長:独学で勉強したりとか?

リスナー:そうですね。通ったりもしたし、大会にも出たし……旅もしました。(校長の地元の)北海道にも行ったんですよ。夏だったのにすごく寒かったです。

とーやま校長:そうなんだ! 不登校をしているなかで、なんで旅に行きたいと思ったの?

リスナー:それまで、生活の中で自分が主人公って感じる瞬間が無かったんです。で、北海道って行き先を知らずに行ったんですけど……。

とーやま校長:すごいね。

リスナー:知り合いに連れて行ってもらったんですけど、その中で時の流れに乗っている自分は、どこか主人公でなければいけない、という答えが見つかった気がして……。

とーやま校長:ほう!

リスナー:考え過ぎなくなって、心が楽になりました。

とーやま校長:へぇ~。行ってみるもんだね。じゃあこの旅もそうだし、声優さんになるためにいろんなことをやったり、フリースクールに通ったりとかっていうのは……そういう毎日がいまの自分を作ってくれたわけでしょ?

リスナー:そうですね。そうなります。

1/3ページ

最終更新:3/28(土) 20:21
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事