ここから本文です

新型コロナ完治者 治療中の感染者を上回る見通し=韓国

3/28(土) 6:03配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスに感染後、完治した人の数が近日中に治療中の感染者数を上回るとみられる。

 

 中央防疫対策本部はによると、新型コロナウイルスに感染した後、完治して隔離措置を解かれた人は27日午前0時時点で計4528人で、治療中の感染者数(4665人)に近づいた。

 完治者は今月の初めから1日数十人ずつ出始め、ここ2週間は1日に100人以上が隔離が解除されている。

 完治した人が感染者に占める割合は15日に10.2%と2桁になり、19日に22.7%、22日に32.7%、25日に40.8%と上昇を続け、27日時点で48.5%となった。

 専門家らは完治者の増加を肯定的に評価しながらも、致死率も持続して高まっていることから警戒を緩めることはできないと指摘している。

 感染症の専門家は、医療システムが持ちこたえることができるレベルに隔離治療中の患者数が下がってきたのは肯定的としながらも、「大邱市や慶尚北道で感染者が多数出た影響により、来月初めまでは死亡率が持続して高くなる可能性があり、留意しなければならない」と話した。

 一方、新型コロナウイルスによる韓国での致死率は今月1日は0.4%台だったが、27日0時時点で1.49%まで上がった。

 80歳以上の致死率は15.19%で、中国当局が発表した先月11日時点での80歳以上の致死率(14.8%)を超えた。同時期の中国の平均致死率は2.3%だった。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

最終更新:3/28(土) 6:03
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事