ここから本文です

チェルシーら欧州ビッグクラブが“エスパニョールの新星”を巡って争奪戦?

3/28(土) 10:11配信

ゲキサカ

 エスパニョールの新星、スペイン人MFニコ・メラメド(18)に対して、欧州ビッグクラブが獲得に興味を示している。英『メトロ』が報じた。

 エスパニョール下部組織育ちのメラメドは、今季Bチームで26試合7ゴールを記録しており、2019年8月15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦ルツェルン戦に途中出場し、トップデビューを果たしている。

 同紙によると、18歳新星に対してチェルシーやレアル・マドリー、バルセロナ、バイエルンといった欧州を代表するビッグクラブが獲得に興味を示している模様。契約は2023年までとなっており、契約解除金も存在するが、800万ユーロ(約9億6000万円)と安価なため、激しい争奪戦が予想されている。

最終更新:3/28(土) 10:11
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事