ここから本文です

9種の桜楽しんで 砺波で庄川峡桜まつり

3/29(日) 14:35配信

北日本新聞

■コヒガン満開、ヨウコウ八分咲き、ソメイヨシノ…/水記念公園

 庄川峡桜まつりが29日、砺波市の庄川水記念公園で開幕した。9種約400本の桜が植えられており、順次見頃を迎える。4月5日まで。

 庄川峡観光協同組合などでつくる実行委員会が開催。実行委によると、コヒガンは満開、ヨウコウは八分咲きで、ソメイヨシノはあと3日ほどで見頃となる見込み。

 この日は家族連れらが園内や遊歩道を散策し、庄川峡や桜の景色を楽しんでいた。ウッドプラザのフードコート新設を記念した抽選会や、チューリップの花びらを浮かべた足湯もあった。

 開会式があり、坂井彦就委員長があいさつし、夏野修市長と島崎清孝市議会議長が祝辞を述べた。

 抽選会と足湯は4月5日も行う。同日午後2時からはチンドンと一緒に遊歩道を歩くイベントもある。

最終更新:3/31(火) 12:16
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事