ここから本文です

蔡総統、忠烈祠を参拝 革命の士や殉職者を追悼/台湾

3/29(日) 17:39配信

中央社フォーカス台湾

(台北中央社)中華民国の記念日、革命先烈紀念日(青年節)に当たる29日、蔡英文総統は、台北市の国民革命忠烈祠を参拝し、同祠に祭られている革命の士や殉職者らを追悼した。

青年節は、1911年に中国・広州で発生した反清武装蜂起「黄花崗起義」に由来する。当日には総統と副総統が揃って参拝するのが慣例となっているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて陳建仁副総統が欠席したほか、参加者同士の距離を大きく開けるなどの対策が取られた。

追悼式には蘇貞昌行政院長(首相)や游錫コン立法院長(国会議長)らも出席した。(コン=[方方]の下に土)

(葉素萍/編集:塚越西穂)

最終更新:3/29(日) 17:39
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事