ここから本文です

畑にエイリアンの卵? 実は「白菜」でした… “霜枯れ”写真が話題に 「都会の友達は見たことないかと」

3/30(月) 7:00配信

withnews

 畑に「エイリアンの卵」が大量に産み落とされたのかと思いきや、実は白菜でした――。そんなツイートが注目を集めています。写真を撮影した農業見習い中の男性に話を聞きました。

【画像】畑に出現した「エイリアンの卵」がこちら。ズラリと並ぶと何とも言えない迫力があります。怖い……

ツイートが話題に

 今月16日、ツイッターにこんな文章が投稿されました。

 「この時期、畑にある『エイリアンの卵』は白菜なんでご注意下さい」

 添付された画像には、映画「エイリアン」シリーズに登場する卵のようなものが畑に大量に並んでいるように見えますが、すべて白菜だというのです。

 このツイートに対して、「どう見てもエイリアンの産卵場」「あ~農業関係者にはわかる」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万7千、いいねは4万4千を超えています。

撮影者に聞きました

 「この白菜は、嫁のお父さんとお母さんが栽培した自家野菜です」

 そう話すのは芝本大介さん。農家に婿入りして、仕事をしながら週末に野菜の栽培や収穫を学んでいます。

 白菜がエイリアンの卵のように見える理由は「霜枯れ」なんだそうです。

 「細胞内の水分が凍結して外側の葉っぱが枯れた状態です。少しの霜枯れなら甘味が増して美味しくなりますが、収穫せずに春先まで霜枯れを繰り返したので、あのような姿になりました」

その後は

 毎年春先になると見られるという白菜の霜枯れ。「都会に住む友だちは見たことがないだろう」と思ってツイートしたそうです。

 外側の葉をめくれば中は食べることができますが、その見た目もあって、トラクターで耕して畑の肥料にする予定だといいます。

 話題になったことについては「田舎では珍しい光景ではないので、多くの反響があって驚いてます」と話していました。

最終更新:3/30(月) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事