ここから本文です

レイド、無念の無観客ライブ 1000万円の損失も

3/29(日) 21:30配信

デイリースポーツ

 5人組ビジュアル系ロックバンド「the Raid.(レイド)」が29日、東京・中野サンプラザで、ツアーファイナル公演を無観客で行った。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての対応で、ライブの様子は「the Raid.YouTubeチャンネル」で公開した。

【写真】無観客ライブでも熱のこもったパフォーマンス

 レイドは2011年7月27日から活動をスタート。ジワジワとファンを増やし、19年11月にリリースしたの8thシングル「殺したくなるほど誰かを愛した事はありますか?」がオリコンウイークリーチャートで6位を獲得。今年3月24日に発売した9thシングル「ワンナイト彼氏」も同デイリーチャートで1位を獲得するなどしていた。

 年間100本以上のワンマンライブを行うなど、精力的な活動を展開。この日のステージは、9年かけてつかんだ夢の初ホールライブだった。

 待ち望んだ晴れの舞台が無観客となってしまったが、ドラムの一陽は「無観客ライブをやってみて、お客さんと触れ合うことができる1秒の重みというものを実感することができ、ファンの方との時間の大切さをより深く学ぶことができました」とマイナスだけではないと強調した。

 ボーカル・星七は、観客が数人という不遇の時代が1年以上あったことも明かし、「ようやく親世代も知っている中野サンプラザでライブができることになりました。母親にも自慢しましたし、どうしてもファンの皆様と一緒に成功させたかったです」と無念の思いを告白。それでも「中野サンプラザホール以上の会場を目指したいという気持ちが強く芽生えました」と前を向いた。

 無観客となったことで、制作費約1000万円の損失が生じたという。それでも、「人の命は失ってしまったら取り戻すことができません。僕たちの夢のために誰かが傷つくのであれば……と考えたときに、自分たちが夢を諦める決断をすることでみんなが救われたらいい」と無観客ライブを決断した思いも明かした。

 7月には新曲リリースも予定。少女漫画の王子様がテーマというロマンチックな内容で、星七は「女子力アップに貢献できたら」とコメント。クラウドファンディングを利用した活動も視野に入れているという。次のツアーのタイトルは「ピンチはチャンス」に決定した。

最終更新:3/29(日) 21:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事