ここから本文です

異色の“Uターン芸人”誕生へ 秋田出身コンビ・ねじが胸に刻むオードリー若林の金言

3/29(日) 8:00配信

オリコン

 春は出会いと別れの季節。かなえたい夢を持って、地元から上京する人も数多くいるだろうが「生まれ故郷の秋田と東京をつなげたい」という志をもった芸人がいる。せじも(35)とササキユーキ(35)による、お笑いコンビ・ねじ。故郷を捨てるつもりで上京してきた2人が、この春から秋田で本格的に活動する決断をした。一体どうやって、秋田の魅力を発信していくのか。2人にその真意を聞いた。

【写真】ねじの2人に金言を授けた若林正恭

■高校時代に出場した『M-1』が転機に 一度は否定した“秋田弁”をネタに取り入れるまで

 一昨年の甲子園で「金農旋風」を巻き起こした金足農業高校の同級生だった2人。ササキがお笑い芸人を志した時、近くに理解者がいたことが運命を変えた。「担任の先生が熱い方で、僕がお笑い芸人になりたいと言ったら、すぐに『M-1グランプリ』のエントリー用紙を持ってきたんですよ。『お前にチャンスを持ってきたぞ』という名言とともに(笑)。ちょうど『M-1』が始まった年で、先生が『学校休んでもいいから行ってこい』と言ってくれて、相方と仙台予選に出たんですけど、それが衝撃的に楽しくて。これを将来やりたいなと2人とも思いました」。

 それから程なくして上京することになるが、ササキは強い決意を持って秋田を飛び出した。「語弊を恐れずに言うと、秋田が嫌いで出ていったんです。『お笑いをやりたい』って思った時も、地元ではそういったことを言いにくい雰囲気があり、芸人になる方法もわからなくて、夢を見られない環境だなと感じました。本当にひどい話なんですけど、高校時代の友だちの連絡先を全部消して、全部捨てて東京でやるんだっていう気持ちで上京したんです」。

 上京後、ササキは東京アナウンス学院に入学したが「1年くらい経ったタイミングで、急にコントをやりたくなりまして。そこで考えついたのがトリオでのコントだった。だから、もう1人必要だなということで、トリオとしての活動を始めました」。同学院がきっかけで、現在の所属事務所であるケイダッシュステージと出会って、本格的にプロの芸人としての歩みを始めた。

 2010年に追加で入ったメンバーが脱退したことから、コンビ名を「ねじ」に変更。2人に戻ったことで、それまでは“あえて”やってこなかった秋田色を出したネタに向き合うことになった。「やっぱり、秋田が嫌いで出てきたっていうこともあったので、どうしてもネタに秋田弁を取り入れることに抵抗があったのですが、自分のおじいちゃんの話をする時に秋田弁を話すと、すごくウケが良かったんです。コンビになって改めて2人で勝負しなきゃっていう時に、自分たちの武器はなんだろうって考えました。ある意味、イチからのやり直しになるので、追いつかないといけないっていう時に、今すぐ勝負できるものはなにかと考えたら秋田弁だという結論にいたりました」。

1/3ページ

最終更新:3/30(月) 13:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事