ここから本文です

「東京の空が変わる日」羽田空港で新しい飛行ルート開始

3/29(日) 10:02配信

CBCテレビ

【CBCテレビ チャント!金曜論説室】
※3月27日放送の「チャント!~金曜論説室コーナー」に基づく原稿内容です

2020年春、東京の空が変わります。首都圏の“空の玄関”羽田空港に新しい飛行ルートが誕生します。3月29日から運用開始です。

新しい着陸飛行ルートは?

空港の飛行ルートは風向きによって変わりますが、羽田空港に到着する場合、南風の時は東側から東京湾を横切って着陸するコースでした。今回導入される飛行ルートは、都心上空を通って北側から空港に入るコースです。

国際線が多い時間帯、午後3時から7時の間のおよそ3時間運用され、北風の場合は午前中にも運用されます。国土交通省によりますと、この新しい飛行ルートを使うことによって、現在は昼間の時間帯に1時間あたり最大80回発着している国際線の便数が90回まで増加できるということです。

国際線増便なぜできるの?

なぜ増えるのでしょうか?羽田空港には4つの滑走路があります。
大まかに説明しますと、出発用は縦に「A滑走路」と「C滑走路」、到着用は横に「B滑走路」と「D滑走路」と2本ずつ“交差”するような形になっています。例えば、「A滑走路」や「C滑走路」から離陸しようとする場合に、目の前の「D滑走路」に着陸機が近づいていたら、到着を待たなければなりませんでした。
しかし、新しい飛行ルートでは、着陸に「A滑走路」や「C滑走路」を使用して、同じ方向から空港に入るため、到着便の着陸を待たずして出発できることになるわけです。

新飛行ルートの経済効果

国土交通省では、さらに都心上空を通らないルートなども加えれば、国際線の発着数は、現在の年間6万回から4万回近く増えて、9万9000回にまで増えると試算しています。成田空港の場合は、東京駅からおよそ1時間かかりますが、羽田空港には30分ほどで行くことができます。このアクセスの便利さも加わって、日本を訪れる外国人客の数もさらに増えて、年間4000人を目標としています。2019年に過去最多の3188万人を記録しましたがそれを大きく上回る数、そして経済波及効果も年間で約6500億円と試算するなど、この新たな飛行ルート導入は大きな効果をもたらすと見られています。

1/2ページ

最終更新:3/29(日) 10:02
CBCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事