ここから本文です

男女コンビ蛙亭「キングオブコント優勝目指し東京へ」

3/29(日) 17:02配信

Lmaga.jp

シュールな世界観のコントにハマる人がジワジワと増えている男女コンビ・蛙亭。全てのネタを考える司令塔的役割の岩倉美里と、岩倉の才能を認め、優しくサポートする中野周平。4月に東京進出する2人がなぜ決意したのか、結成秘話から今後の目標まで語ってもらった。
取材・文/西村円香 写真/南平泰秀

【写真】インタビューの様子

「私が何をしても怒らへんから、無敵やん」(岩倉)

──NSCでの相方を探す会がコンビ結成のきっかけだそうですね。

岩倉「それまではピンでネタをしていました。話しかけにくい人と思われていたし、人見知りだし、ずっとひとりでした」

中野「僕は話しかけていたんですけど相方ができずに・・・。相方を探す会では、みんな婚活みたいにPRしたり自己紹介したりするのですが、なかには大喜利を披露する人もいて。スベる人もいるんですが、岩倉さんがウケていたのですごいなと思ってしゃべりかけました」

岩倉「私的には大喜利も、イケイケなクラスの人気ものっぽい人がウケていたのであんまりだったなと落ち込んでいたんですけど、面白かったと言ってもらえて。コイツと組んだら、ずっと面白いと言ってもらえるかなと、ご飯とか行って仲良くなりました」

──そんな経緯だったんですね。

岩倉「女のコンビは喧嘩するし無理だと思っていたし、中野さんは私が何をしても怒らへんから、無敵やんと。残してしまった食べかけのご飯を渡してもパッと食べてくれるんですよ」

中野「その言い方やと、僕が食いしん坊なだけやん」

岩倉「私は遅刻癖があるんですけど、正式に怒られたことがないです。優しい」

──芸人になりたいと思ったのはいつ頃からですか?

中野「僕は中学3年生のときに芸人になりたいと思ったんです。テレビ番組の『リンカーン』でダウンタウンさんなどを見ていて、こういう道もあるんだなぁと。そんな裕福でもないし、やりたいこともないのに大学に行くのは悪いなぁと思っていたのですが、高校卒業してNSC(吉本の芸人養成所)の入学金を貯めるために就職して、『みどりの窓口』で駅員をしていました」

岩倉「私は小学生のとき、『なんばグランド花月』で新喜劇や漫才を見たのがきっかけです。出身地の宮崎には、テレビ局も2つしかなかったし、お笑いの文化がない。だから、人を笑わせるってすごいと思って、すぐお父さんに『将来、吉本に入る!』って言いました。中学生のときにNSCを知って、2年間バイトでお金を貯めて入学したのですが、父は『本当に行くの!?』ってビックリしていました」

1/3ページ

最終更新:3/29(日) 17:02
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事