ここから本文です

K-Jeeが1RKOで加藤にリベンジ&初防衛に成功【3・28 Krush.112】

3/29(日) 1:17配信

TOKYO HEADLINE WEB

「Krush.112」(3月28日、東京・後楽園ホール)のメインで行われたKrushクルーザー級タイトルマッチで王者K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)が加藤久輝(ALIVE)を相手に初防衛戦に臨み、1R2分11秒、KOで初防衛に成功した。

 K-Jeeは昨年12月のK-1名古屋大会で加藤にKO負けを喫しており、初防衛とともにリベンジに成功した。

 1R、加藤の周りを時計回りに回るK-Jeeに加藤が強烈な左ストレート。さらに一気に前に出てパンチの連打を浴びせ、K-Jeeがバランスを崩し倒れるも、スリップダウンの判定。

 K-Jeeもカウンターの右ストレートで反撃。距離を詰めての左ボディーで加藤の動きが鈍る。勝機とみたK-Jeeが追撃の右ストレートから左のボディーフックを放つと加藤は右わき腹を押さえ、苦悶の表情でダウン。ダメージが大きく立ち上がることができず、K-Jeeが1RKOでリベンジを果たした。

 K-Jeeは試合後のリングで「今日までいろいろな人のサポートがあって、何とか勝てました。こういう状況の中で大会を開いてくれた運営側にも感謝します。7月にいよいよ地元の福岡でK-1が開催されます。先週、カリミアン選手と愛鷹選手が戦ってカリミアンが防衛して、僕はカリミアンに一昨年に負けている。今日も加藤選手にリベンジしたので、福岡でもカリミアンにリベンジして王者になりたい。ファンの皆さんの声も重要だと思うので応援よろしくお願いします」と7月26日に開催される福岡大会でのカリミアン戦をアピールした。

 そして試合後の会見では「思った動きはできてなかったが、セコンドの声もよく聞こえたし、本当に早い段階で倒せてよかった。イメージしていた勝ち方ではなかった。でも、下からのアッパーはずっと練習していた。それがボディーに効いたんで。イメージはしてなかったですけど、ああいう練習をしといてよかったなという感じ。パワーがあるのは分かっていた。でも、来るパワーは強いけど、打たれるパワーはそんなにないかなっていうのはあった」などと試合を振り返った。

1/2ページ

最終更新:3/29(日) 1:17
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事