ここから本文です

元ソシエダFW バルサ移籍が近かったと明かす

3/29(日) 7:50配信

SPORT.es

カルロス・ベラは、ロサンゼルスFCで活躍を見せており、メジャーリーグサッカーのスター選手の一人である。
アメリカでの彼の活躍により、昨夏FCバルセロナは関心を寄せていた。

J・ドス・サントス「ベラはバルサからオファーを受けている」

結局、バルサはケヴィン・プリンス・ボアテングと契約したが、ベラが最初に関心を示した選手であった。元レアル・ソシエダのベラはその時のことを語った。

「バルサは私に4か月間チームに加わる契約を提示し、そして私はそれが良い機会だと感じ、受け入れた」と『GQ』に語った。

「最初は2年間行きたかったし、そうでなければ行かないと言った。だが、彼らが4か月と言ったので、それを受け入れた」とバルサからのオファーを受け入れていたことを語った。

「だが、ロサンゼルスFCは私の退団を拒んだ。そのため、この移籍は成立しなかった。だが、私はここで幸せなので、成立しなくても問題はなかった」と最後に語った。

最終更新:3/29(日) 7:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事