ここから本文です

縫わない! 不織布マスクの作り方マニュアル

3/29(日) 16:42配信

岩手日日新聞社

 新型コロナウイルスが猛威を振るい、注目を集める「手作りマスク」。動画配信サイトなどインターネット上ではさまざまな材料でマスクの作り方が披露され、どれがベストなのか選ぶのも一苦労だ。

【全工程の写真と動画】不織布マスクの作り方

 そんな折、藤沢町住民自治協議会(一関市藤沢町)は、住民のせきエチケットに役立ててもらおうと「マスクの作り方マニュアル」を作成。一般的な台所用品や園芸グッズを利用して手軽に作れるものなどを紹介し、地域住民から好評を博している。「マスクの作り方を詳しく知りたい」という声に応え、同協議会の生涯学習推進員・星美智子さんに、針と糸が不用で特に簡単だという不織布マスクの作り方を教えてもらった。

不織布マスクの材料

 不織布タイプのキッチンペーパーや水切りネットをマスク本体に使用。今回は耳に掛けるゴムひもが不足している設定で、水切りネットで代用した。ノーズフィッターは、農家やガーデニングが趣味の人にはお馴染みの園芸用ビニールタイを利用する。不織布で覆われる部分は両面テープを、露出する部分はサージカルテープまたはマスキングテープを貼る。このほか、はさみ、定規、ペンがあれば準備万端だ。

材料の準備

 まずはそれぞれの材料を切る。不織布は、外側に肌触りのいいキッチンペーパー(a)、中に仕込む水切りネット(b)、顔側に肌触りのいいキッチンペーパー(c)の3枚重ね。(a)は20センチ四方、(b)と(c)は16センチ四方。園芸用ビニールタイは10センチに切っておく。

不織布マスクの作り方

【1】 不織布を下から(a)20センチ四方のキッチンペーパー、(b)16センチ四方の水切りネット、(c)16センチ四方のキッチンペーパーの順に重ねる。上2枚は角をそろえ、(a)の中央にくるように置く。

【2】 (a)の上端と下端に両面テープを貼る。

【3】 上端にノーズフィッターを仕込む。両面テープの中央、下の際に園芸用ビニールタイを貼り、両面テープの部分を内側に折って貼り付ける。下端の両面テープも内側に折って貼り付ける。菓子などのラッピング用タイでも代用できる。

1/2ページ

最終更新:4/9(木) 16:22
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事