ここから本文です

【Krush】KO勝ちした格闘代理戦争卒業生の松本日向と橋本実生、代理戦争との対抗戦で名を上げた提髪和希が一夜明け会見

3/29(日) 22:48配信

ゴング格闘技

2020年3月28日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.112』の一夜明け会見が、29日(日)都内にて行われた。

【写真】ダウンを奪い“残心”のポーズを決める松本

 第1試合から第3試合は、いずれもバンタム級戦。第3試合の松本日向(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)と第1試合の橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)はAbemaTVで放映された『格闘代理戦争 4thシーズン』の卒業生で、これまで2度対戦しているライバル。

 第2試合の提髪和希(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は「K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦」にK-1カレッジ2018 -60kg優勝者としてK-1選抜で出場し、代理戦争チームの北村夏輝を破って初勝利をあげている。

 3人ともバンタム級のホープとして揃ってKO勝ちをあげており、今後の活躍が期待されるところだ。

 第3試合のバンタム級戦で、K-1甲子園2018 -55kg王者・多久田和馬(K-1 GYM横浜infinity)を1R2分18秒、右フックでKOした松本日向(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)。

「昨日の試合はもっと厳しい戦いになると思っていたんですがリラックスして、セコンドの声も聞こえて力が抜けた戦いができたと思います。今回の試合で自分はKOを意識しないようにしていて、意識すると粗も出るし逆にカウンターも喰らうので。第1試合と第2試合がKOで決まっているし、力むところもあったんですが、力みながらでもいつも教わっている身体を残すことを意識して試合をしたのでこの結果につながったと思います。

(ダウンの時に残心のポーズをとったのは)あれは元々、極真の先生が試合を見に来てくれるはずだったので、極真で育ってきたという想いを伝えたくてやりました。自分はまだまだなので、もっとしっかり練習していかないと。多久田選手との試合が決まってその練習で強くなれたと実感しています。強い選手とやると決まったら練習で頑張れるし、もっと強くなれるので強いバチバチの選手とやりたいです。

(3戦目は)自分の中でまた新しい気持ちで挑もうというのがあって。1戦目と2戦目は同じ相手だったし、代理戦争からずっとそのつながりできていたので、今回はデビュー戦くらいのつもりで行こうと思っていました。その気持ちの違いがあったのかな。(前の2人のKOは)意識せざるをえなかったです。KOで自分もつなげなければ、というのはなかったんですが(橋本)実生君がKOしたから、俺もしっかり見せないといけないって一気に力が入りました。

 昨日はめったにない機会だと先輩たちに言われていて、ちゃんとやり切れ、俺には観客が見えていると先輩たちみんなに言われていて。みんなが見えるくらい盛り上げて、いつも通りにやれと煽られました。本当はKOを生で見せたかったけれど、こういう時だからこそ画面越しにみんなが喜んでくれたり、頑張ろうと思ってくれたりしたら嬉しいです」

1/2ページ

最終更新:3/29(日) 22:48
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事