ここから本文です

【NHK朝ドラ「エール」初回はどうなる】東京五輪開会式で作曲家は自作のマーチに不安がよぎる

3/29(日) 13:00配信

中日スポーツ

【3月30日(月)放送・新】

 激動の昭和の時代、音楽の力で人と人とを結び、勇気づけたある夫婦の物語。

 昭和39(1964)年10月10日、東京オリンピック開会式の日。聖火ランナーが東京の街を走り、国立競技場でまもなく開会式が始まろうという時、会場に来ていた古山裕一(窪田正孝)が姿を隠してしまう。

【写真】回し車の下で眠るあおいくん

 あわてて裕一を探しまわる妻の音(二階堂ふみ)。裕一は、自分が作曲した開会式の音楽を皆が受け入れてくれるか、不安を感じていた。

最終更新:3/29(日) 13:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事