ここから本文です

ユナイテッド、バルベルデに関心もマドリーの門前払いに…

3/29(日) 10:15配信

超WORLDサッカー!

マンチェスタ・ユナイテッドがレアル・マドリーに所属するウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(21)の獲得を諦めたようだ。イギリス『ミラー』が伝えた。

【動画】ユナイテッドに72億円を払うことを決断させたマルシャルの輝き

戦術眼や球際の強さ、ハードワークを惜しまないプレーで攻守両面で存在感みせ、マドリーの中盤に欠かせない存在に成長したバルベルデ。今シーズンはラ・リーガ第6節のオサスナ戦での初先発以降、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を掴み取り、ここまでの公式戦32試合2ゴール4アシストを記録している。

『ミラー』によれば、ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が来シーズンに向けて、中盤の強化を希望しているという。なかでも、今冬に加入し、一際存在感を放っているポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスと共闘できる選手を求めているようだ。

その候補としてバルベルデをリストアップしたものの、マドリーは移籍金として、契約解除金に設定してある5億ユーロ(約602億6000万円)を要求した模様。さすがにユナイテッドもこの要求を呑めなかったようで、獲得を諦めたとのことだ。

なお、スールシャール監督は今月初めに『ESPN』で「優勝候補となるには選手が1人から3人ほど不足していることや、経験不足であることを理解している」とコメントしており、今夏に大型補強に動く可能性を示唆している。

超WORLDサッカー!

最終更新:3/29(日) 10:15
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事