ここから本文です

【MLB】元助っ人はかつての超有望株 鷹ペーニャは「Aロッド、グリフィー以上」燕ミレッジも

3/29(日) 15:46配信

Full-Count

ペーニャは「ワンツールプレーヤー、外野の守備が悲惨だった」

 ソフトバンク、オリックス、楽天、ロッテでプレーしたウィリー・モー・ペーニャ外野手、そして2012~15年にヤクルトでプレーしたラスティングス・ミレッジ外野手はかつてメジャーリーグでも有望株として注目を集める存在だった。米スポーツ専門メディア「ブリチャーレポート」は「実際に日の目を浴びることはなかったが、MLB各球団の“見逃してはいけない”有望株」として2人のキャリアを振り返っている。

【動画】「Aロッド、グリフィーJr.以上」と評された桁違いのパワー 元鷹助っ人の怪力ペーニャが15年前のレッズ時代に満塁弾を叩きこむ実際の映像

 エンゼルスのマイク・トラウト外野手やナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手のように前評判が高くて実際に期待に応えられる選手もいれば「期待外れ」に終わった選手もいると記事は言及。まずはペーニャについてレポートしている。

 現在38歳のペーニャは2002年当時、米国の権威ある野球専門誌「ベースボール・アメリカ」のプロスペクトランキングで65位。記事は「ベースボール・アメリカのプロスペクトトップ100において、ウィリー・モー・ペーニャはトップ50に1度も入ったことはない。しかし、近年の記憶の中で彼は桁違いのパワーを備えていたこともあり、最も騒がれた有望株の1人だった」と伝えた。

 ドミニカ共和国出身のペーニャは2002年にレッズでメジャーデビュー。メジャー通算599試合に出場し、425安打、84本塁打、打率.250だった。NPBでは通算520試合出場、454安打、86本塁打、打率.261だった。

 ペーニャを獲得したスカウトのゴードン・ブレイク氏はジェフ・パッサン記者にこう話していたという。「多くのトッププレーヤーたちをこの目で見てきたことは、私にとって幸運なこと。私は高校時代のケン・グリフィーJr.を見た。高校時代のアレックス・ロドリゲスも見た。マニー・ラミレスもだ。彼らの中で、ウィリー・モーに匹敵するパワーは誰もいなかった。誰一人としてだ」。

 それほどのパワーを持ってしても、ペーニャはメジャーで確固たる地位を得られなかった。「残念なことに、彼はワンツールプレーヤーだということを証明してしまった」と記事は指摘。2004年にキャリアハイの26本塁打、通算84本塁打を放つも、「それ以外はからっきしだった。外野の守備が悲惨だった」とした。ペーニャの守備防御点(Defensive Runs Saved)は-34、キャリア通算WARは0.5だったと伝えている。

1/2ページ

最終更新:3/29(日) 17:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事