ここから本文です

楽しい食卓に、レゴブロック型のワッフルを焼くワッフルメーカー

3/30(月) 10:00配信

ギズモード・ジャパン

もう「食べ物で遊んじゃいけません!」って怒られない!

朝食にもおやつにも好まれる、板チョコのような形をしたワッフル。これを、あたかもレゴ・ブロックのように焼き上げ、それで好きな形状に組み立てられるワッフル・メーカーが登場しました。

【全画像をみる】楽しい食卓に、レゴブロック型のワッフルを焼くワッフルメーカー

KICKSTARTERでクラウド・ファンディングをしているこちらは、「ビルディング・ブリック・ワッフル・メーカー」というもの。ホットプレートがレゴ・ブロックの鋳型のようになっています。

日本では朝食でワッフルというのはあまりポピュラーじゃなさそうですが、これでちょっとした脳トレをしながらもぐもぐタイムを過ごすのはアリですね。

3種類のブロックが焼ける

「ビルディング・ブリック・ワッフル・メーカー」で焼けるのは1×1が2個、1×4が2個、1×2が10個。好みに応じてカットすれば、1×3だって作れます。これならお皿の上に可愛い家を作っても良いですし、高い塔で天井を目指すのも良し。極めれば原寸大ブガッティ・シロンも夢じゃないかもしれませんよ?

すでに900人以上が出資中

KICKSTARTERでの出資額はひとつ50ドル(約5,500円)ですが、デコボコ付のプレート2枚同梱なら75ドル(約8,300円)のプランが最安となっています。

執筆時(3月21日 金曜日)では締切まで21日を残し、905人から81万円ほどの目標額を大きく超える670万円超の出資金が集まっていました。大人になっても食べ物で遊ぶことを憚られず、子供にとってもSTEM教育の入り口になるかもしれませんね。

Source: Fresh Gadgets via KICKSTARTER

岡本玄介

最終更新:3/30(月) 12:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事