ここから本文です

都内の自転車事故、発生場所は「歩道」が最多…au損保調べ

3/30(月) 10:30配信

レスポンス

au損保は、2020年4月より東京都ではじまる自転車保険加入義務化を前に、東京都在住で月に1回以上自転車に乗る人1000名を対象に、自転車事故に関する調査を実施した。

関連画像を見る

調査結果によると、3割以上(35.5%)の人が過去に自転車運転時に事故に「遭ったことがある」と回答。同社が2019年10月に行った調査結果と比べて5ポイント高い数値となった。自転車事故に繋がりそうな事象となる自転車事故“未遂”は、約6割以上(66.7%)もの人が「経験あり」という結果がでており、こちらも全国平均を6ポイント近く上回った。また、自転車事故および“未遂”の発生場所として、トップは「歩道」(46.9%)で、次いで「自転車専用レーンがない車道」(31.4%)。「自転車専用レーンがある車道」は11.4%に留まっており、自転車専用レーンの有無で事故率に大きく差があることが分かった。

一方、自転車事故時の助けとなる「自転車保険」については、8割以上(82.3%)の人が「知っている」と回答したものの、実際に「自転車事故に備える保険に加入していない」と答えた人は半数近く(47.4%)。4月より東京都で義務化されることについては、半数以上(52.8%)が「知らない」と答え、その認知度はまだ低いことが浮き彫りになった。

レスポンス 纐纈敏也@DAYS

最終更新:3/30(月) 10:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事