ここから本文です

国内シニアツアーが開幕戦実施に向け舵取り ギリギリまで状況見極め「最終的には倉本が判断する」

3/30(月) 19:10配信

ゴルフ情報ALBA.Net

日本プロゴルフ協会(PGA)が30日(月)、都内で定時社員総会を開いた。ここで倉本昌弘の4期目となる会長再任が決定。さらにその後行われた記者会見では、その報告に加え、4月に開幕を控える今季の国内シニアツアー開催に関する話題もあがった。

音がやばすぎる! 松山英樹の4番アイアン【スイング動画】

このなかで、4月10、11日の2日間にかけて行われる開幕戦「金秀シニア 沖縄オープン」(沖縄県・かねひで喜瀬CC)について、開催の方向で調整を進めていることが明かされた。倉本会長は、「やらないという判断は簡単だが、いかにスポンサーの希望をかなえられるかがわれわれの仕事。明日(31日)、金秀の会長と面会して話し合ったうえで、金曜日までに最終判断する。それまでに状況が変われば考える」と、中止という選択肢も用意したうえで、最後まで開催を目指す方針を話した。

この考えはあくまで現時点のもので、新たに政府などからアナウンスがあった場合は柔軟に対応。初日のスタート直前まで状況を見極めていくが、この日配布された『対策概要』という資料には、プロアマゲスト、スタッフ関係者、ボランティアで体調不良や渡航歴のある人に対して参加自粛を促すなど、会場での新型コロナウイルス感染防止に対する基本対策を明記し、開幕への態勢を整えている。

目指すのはギャラリーも入れての通常開催。そのため、上記した他にも検温器を3カ所に設置し、37.5度以上ある場合は入場制限を行ったり、アルコール消毒液の設置強化(30カ所)や、その使用の喚起を徹底して行うことなど細かに対策が記された。

国内では女子ツアーの開幕から6戦連続での中止が決定している。男子も4月16日開幕予定だった「東建ホームメイトカップ」、さらに同30日開幕予定だった「中日クラウンズ」の中止がすでに発表されている。海外ツアーでもメジャー大会を含め中止・延期という決断が続く。

ゴルフだけでなく東京五輪延期や他のスポーツが自粛を貫くなか開催へ舵を切るだけに、批判などが出ることも予想される。しかし「最大限の努力をしたうえでの批判は甘んじて受ける。ただし、スポンサー、選手が批判を受けないように。緊急時の判断は会長に一任されているので、最終的には倉本が判断する。選手を派遣するPGAが最も大きな責任を負うと考えている」と、協会としてそれを受け入れる覚悟も示した。

続く4月16日開幕予定の「ノジマチャンピオンカップ箱根 シニアプロゴルフトーナメント」についても、無観客にすることを前提に開催を目指している。「一度やめてしまうと再開の判断は非常に難しくなる。最大限の努力はしたい」(倉本会長)。2試合連続開催に向け、PGAが英断をくだすのか、注目が集まる。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:3/31(火) 9:48
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事