ここから本文です

“エビ中”こと私立恵比寿中学が横浜銀蝿のヒット曲をカヴァー 横浜銀蝿40thも演奏・コーラス参加

3/30(月) 14:34配信

CDジャーナル

 結成10周年イヤーとなった2019年に『MUSiC』『playlist』の2枚のアルバムを発表し、2020年は4月よりツアー〈私立恵比寿中学 ど真ん中スプリングツアー2020 ~playlistを共有しますか? はい/いいえ~〉が予定されている“永遠に中学生”のアイドル・グループ“エビ中”こと私立恵比寿中学が、1981年の横浜銀蝿(正式名称は“THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL” / 略称は“T.C.R.横浜銀蝿R.S.”)のヒット曲で世に“ツッパリブーム”を巻き起こした「ツッパリ High School Rock'n Roll(登校編)」を「ツッパリ High School Rock'n Roll(バイト編)」としてカヴァー。エビ中がレギュラー出演するテレビ神奈川の音楽情報バラエティ番組「関内デビル」(毎週月~金23:30~24:00放送)のオープニング・テーマに決定しています。

 「ツッパリ High School Rock'n Roll(バイト編)」は、「関内デビル」にてエビ中メンバーが喫茶店のアルバイト店員に扮していることから、「ほぼブラジル」「明日もきっと70点 feat.東雲めぐ」などのエビ中作品を手掛けるミュージシャンの“さつき が てんこもり”が、原曲“登校編”の歌詞をベースに、現代の女の子のライフスタイルへとユーモラスに変換して“バイト編”として改作。演奏&コーラスには、デビュー40周年を記念して2020年1年間限定でオリジナルメンバーで復活した“横浜銀蝿40th”が全面的に参加し、“私立恵比寿中学斗横浜銀蝿40th”と銘打った世代を超えたコラボレーションとなります。

 エビ中のメンバーは横浜銀蝿40thの第一印象について「お会いするまで、なんだかうちのスタッフの雰囲気がいつもと違って緊張してて(笑)。怖いイメージがあったんですが、ご挨拶したら皆さん優しくて」とホッとした様子。横浜銀蝿40thのメンバーのJohnnyは「この子たちが生まれるよりずっと前の、40年も前の曲をカヴァーしてもらえるなんて、歌冥利につきる。歌が若い世代に引き継がれていくことに感動した」と語っています。

 また、エビ中がデビュー40周年を元気一杯に駆け抜ける“大先輩”に長く活躍する秘訣を聞くと「世の中や時代は目まぐるしく変わっていくけれど、それに惑わされず、変わらないでいることが大事だと思う。だから、ずーっと中学生でいればいいんだよ!」と横浜銀蝿らしい“ぶっちぎり”なエールが贈られています。

 なお、同曲は「関内デビル」にて初回放送となる3月30日(月)よりオンエアされます。

Photo by 中島たくみ

最終更新:3/30(月) 14:34
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事