ここから本文です

<アンサング・シンデレラ>石原さとみ主演ドラマ第1話ゲストに元子役&Seventeenモデル オーディションで選出

3/31(火) 12:00配信

MANTANWEB

 女優の石原さとみさんが主演を務める、4月9日スタートの連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第1話ゲストに、元子役の安藤美優さんと雑誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)モデルの永瀬莉子さんが出演することが3月31日、明らかになった。2人共、約260人が参加したオーディションで選出された。

【写真特集】「アンサング・シンデレラ」臼田あさ美、六角慎司ら準レギュラー出演者らも続々決定! 役どころは?

 安藤さんは、2007年2月28日生まれ、千葉県出身の13歳。6歳から子役として活動し、ドラマ「水球ヤンキース」(2014年、フジテレビ系)、「アンフェア the special ダブル・ミーニング~連鎖~」(2015年、同)、「グッドワイフ」(2019年、TBS系)、映画「BLEACH」(佐藤信介監督、2018年)など数多くの作品に出演してきた。また映画「約束のネバーランド」(平川雄一朗監督、12月公開)の出演も決定している。

 永瀬さんは、2002年8月13日生まれ、広島県出身の17歳。2018年から雑誌「Seventeen」のモデルを務めている。第30回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞作の実写化「ココア」(2019年、フジテレビ系)で初ドラマ出演にして初主演を飾り、同年、ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(同)や「それぞれの断崖」(東海テレビ・フジテレビ系)にも出演している。

 2人が演じるのは、共に1型糖尿病で入院している入院患者の渡辺奈央(安藤さん)と、森本優花(永瀬さん)。1型糖尿病は、小児の発症が多い糖尿病で、生涯にわたって毎日インスリン注射を打たなければ血糖値が上昇してしまうため、2人は主人公の葵みどり(石原さん)にインスリン注射の打ち方を教えてもらっているという役どころ。

 安藤さんと永瀬さんが同役に選ばれた理由について、プロデューサーの野田悠介さんは、「彼女たちなら、奈央と優花という見た目も年齢も性格も違う2人の関係性を表現していただける」と説明している。

1/2ページ

最終更新:3/31(火) 12:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事