ここから本文です

変われどもなおも生きる身体、睡眠時間×來來尸來がカフカ「変身」を上演

3/30(月) 17:11配信

ステージナタリー

睡眠時間×來來尸來「変身」が、8月30日に京都・ライト商會三条店 2階ギャラリーで上演される。

【写真】睡眠時間のロゴ。(メディアギャラリー他2件)

本公演は、フランツ・カフカの小説「変身」を原作に、來來尸來の出町平次が脚本、睡眠時間の小原藍が演出を手がけ上演するもの。劇中では、一匹の__に変身してしまった青年外商員グレゴール・ザムザを主人公に、“変われどもなおも生きる身体”の狂騒劇が描かれる。

出演者には杉田一起、イトヲ、悪玉、しき、菅原陽樹が名を連ね、オープニング・ポエトリーをchoriが担当。チケットの予約受付は5月1日から開始する。

出町平次コメント僕は変身が好きです。
姿が変わるということは、わかりやすく、暮らしや考えを変えることが出来ます。
だからこそ、急に変身してしまうと息苦しかったり、迷ったりします。
(僕はこのニュアンスを、しんどい、といいます。)

変身という言葉からは遠いけど、毎日、変化ならしているなぁとも思います。
それこそちょっとしたことが。
仕事場や学校にふと、行きづらくなったり、嫌いなはずのコーヒーが飲めるようになったり。
日常は目まぐるしく進むなかで、少しずつ変わっていきます。
(割と変わること自体はしんどくはない。)

旅に出たり。
帰ってきたり。
部屋の鍵をしめたり。
目が覚めて、ベッドから起きたり。

日常の延長には変化があります。
変身があります。
ありふれたどこかの誰かにも起こりえます。

不器用さを愛する睡眠時間と、明るい逃避行の來來尸來。

おそらく、2つの劇団に共通するのは、確実に存在する、人という生物の特性を肯定することだと思います。

どこにでもいるいい人たちのことを。
どこにでもいる普通の人たちのことを。
どこにでもいる嫌な人たちのことを。

睡眠時間×來來尸來での、初の共創企画、「変身」。
変わり続ける皆様へお目にかかれるのを楽しみにしています。

それでは。
(変身っ。)

睡眠時間×來來尸來 共創企画「変身」2020年8月30日(日)
京都府 ライト商會三条店 2階ギャラリー

原作:フランツ・カフカ「変身」
脚本:出町平次
演出:小原藍
出演:杉田一起、イトヲ、悪玉、しき、菅原陽樹
オープニングポエトリー:chori

最終更新:3/30(月) 17:11
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事