ここから本文です

「東京タラレバ娘」が20年夏にSPドラマで帰ってくる!3年ぶり共演に吉高由里子「もう娘とは言えない」

3/30(月) 7:10配信

ENCOUNT

主題歌は前作に引き続き3人組テクノポップユニット「Perfume」の「TOKYO GIRL」を起用

 2017年1月期に日本テレビ系で放送され人気を博した「東京タラレバ娘」がスペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」となって3年ぶりに放送される。放送は2020年夏を予定している。前作に引き続きメインキャストの倫子役には吉高由里子、香約には榮倉奈々、小雪役に大島優子とお馴染みの3人が務める。

【写真】大島優子と戸田恵梨香が醸し出す古臭くも色気漂う雰囲気…“昭和アイドル風”の2ショット

 33歳になった倫子、香、小雪の3人。香はひと足早く結婚し人妻に、そして倫子もついに、結婚へ向かおうとしていたが……。思いがけない問題が勃発してしまい奮闘する“3人娘”。果たして3人が“幸せ”を手に入れることができるのか――。見逃せないストーリーとなっている。

 前作の放送終了後もプライベートで交流を続けるなど中の良い3人。続編放送について吉高は「スペシャルドラマ化っていうのを経験したことがなくて、今回が初めてなんです。その初めての作品が東京タラレバ娘で、すごくうれしかった」とコメント。榮倉も「3人でいつかまたやれたらいいねと、タラレバ話をしていました」と念願の続編となった。小雪役に思い入れの強い大島は「連ドラの時はエクステだったので、地毛でどうにか出来るように、ずっと大事に大事に前髪を育ててました」ときたる続編に向け準備万端の模様だ。

 主題歌には前作に引き続き、3人組テクノポップユニット「Perfume」の「TOKYO GIRL」が起用される。

待望の続編決定に東村アキコ先生が明かす、20年続編は「みんなで約束してた」

 待望の「タラレバ娘」の新作について“3人娘”と原作者の東村アキコ先生は下記のコメントを発表した。

■吉高由里子
「今回も、楽しく、可愛く、ハッピーな気持ちになるドラマになると思うので、3年たった3人娘たちを…もう娘とは言えないかもしれないけれど(笑)、見守っていただけたらうれしいです!」

■榮倉奈々
「たくさんの方に愛されたタラレバ娘を、また演じることができて、私自身もとてもうれしいです。明るく楽しいドラマを届けられるように頑張ります!」

■大島優子
「また3人のドタバタ劇が始まるわけなんですけれども…それぞれが、自分が追い求める『幸せ』っていうものを見つけようとあがいていますので、その姿に是非とも注目してください!」

■東村アキコ
「東京タラレバ娘のドラマから、あっっっという間にもう3年…実はその3年前から、『2020年にスペシャルドラマをやりましょうね!』とみんなで約束してたんです。それが本当に実現して作者としてこれ以上の喜びはありません!遠い未来だと思ってたオリンピックイヤーがやってきて、しかも残念ながら延期になってしまいましたが、タラレバ娘の三人にはまたあの頃のように、いえ、さらにパワーアップして暴れてもらって日本に元気を与えてほしいと思っております」

ENCOUNT編集部

最終更新:3/30(月) 7:10
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事