ここから本文です

スープジャーがあれば寝坊したって大丈夫!お弁当作りの強い味方「スープジャー」の10分レシピ

3/30(月) 11:10配信

kufura

去年末くらいから“第2次スープジャーブーム”が始まっています。スープジャー本体の売れ行きはもちろん、関連レシピ本も大人気!
第1次スープジャーブーム時に比べ、おしゃれなデザインのスープジャーも増えましたし、何よりスープジャーひとつあれば、あとはおにぎりかパンがあれば大満足ランチの出来上がり!という便利さが再注目を浴びる原因かもしれません。
とはいえ実は、手間のかかるスープジャーレシピ。そこで手を抜くことには自信のあるわたくしこと中田ぷうが、10分でできる手抜きスープジャーレシピを紹介します。

寝坊した日でも大丈夫!スープジャー弁当なら間に合います!

ときに起きられない朝もあるものです。

昔だったら寝坊した時点で諦め「ごめん!今日はもうお弁当作れないから外で食べるか、コンビニで買って!」と家族に謝ったものですが、去年、新たなスープジャーを買ったので、ここで諦めたりしなくなりました(笑)!

インスタントスープと残りごはん、冷凍野菜を駆使して作ります!

濃厚なうまみが味わえる“セブン”の「ふかひれスープ」(138円)は、ときに売り切れるほどの人気。ミネストローネ(98円)も応用が効くので常備しています。

このとき作ったのが、コンビニエンスストア「セブン‐イレブン」で大人気のフリーズドライタイプの「ふかひれスープ」を使った“ふかひれリゾット”。

<ふかひれリゾット>

【材料】

「セブン‐イレブン」の「ふかひれスープ」 1袋

残りごはん スープジャーの大きさに合わせて適量

冷凍ブロッコリー 2~3房

【作り方】

(1)残りごはんはざるに入れ、水で洗い、ぬめりを取る。スープジャーに入れる。

(2)冷凍ブロッコリーは解凍し、1に入れる。

(3)小鍋に140ccの水を入れ、沸かす。沸いたら「ふかひれスープ」を入れ、よく溶く。

(4)2に3を入れ、ふたをする。

たったこれだけで、お昼どきには“ふかひれリゾット”の完成です。長女も「インスタントとは思えないくらいおいしかった!」と驚いていました。

このときは「ふかひれスープ」で作りましたが、「セブン‐イレブン」にはさまざまなフリーズドライタイプのスープが売っています。

「ミネストローネ」も使えますし、「かきたまスープ」でリゾットもおいしいですよ。フリーズドライタイプのインスタントスープは日持ちもするので、ストックしておくと便利です。

もちろんフリーズドライタイプじゃなくとも構いません。
粉末系のインスタントスープでも、「きのこのポタージュ」や「ほうれん草のポタージュ」はリゾット系に使うとおいしくいただけます。

ごはんではなく、ポキポキ2~3cmの長さに折ったスパゲッティを入れて“スープスパゲッティ”にしてもおいしいですよ。

でも、朝の忙しいとき、スパゲッティをいちいち折っている作業が面倒で、私はついいつも炊いてあるごはんを使ってリゾットにしてしまいます(笑)。

どんなスープとも合う冷凍ブロッコリー。インスタントスープに加えると一気にボリュームアップします。

1/2ページ

最終更新:3/30(月) 11:10
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事