ここから本文です

【マーチS枠順】クリンチャーは1枠2番、タイムフライヤーは3枠5番 過去10年で1番人気0勝のレースを制するのは?

3/30(月) 10:53配信

SPAIA AI競馬

クリンチャーは1枠2番、タイムフライヤーは4枠7番

3月29日(日)の中山競馬場は降雪のため3レース以降が中止に。出馬表の内容(出走馬・出走馬の馬番号等)を変更したうえで、3月31日(火曜)に行われることになったが、そのメインを飾るのがハンデ重賞マーチステークス(GIII・ダ1800m)。その枠順が確定した。

前走初ダートを難なくこなしてみせたクリンチャーは1枠2番、フェブラリーS、5着だったタイムフライヤーは3枠5番、重賞初勝利を目指すスワーヴアラミスは6枠12番に入った。

このレースとにかく1番人気が大不振。過去10年で2着1回、3着1回で勝ち馬はなし。 3年連続で1番人気は馬券圏外に飛んでいる。今年はクリンチャー、タイムフライヤー、スワーヴアラミス辺りが1番人気に推されるだろう。

だからといって斤量が重い馬が来ていないかというとそうでもない。57.5~59kgの斤量を背負った実績馬は、過去10年で28頭いて、連対率21.4%、28.6%とそこまで悪くはない。クリンチャーは人気するので妙味はないが、リアンヴェリテあたりを押さえておくと面白いかもしれない。

SPAIA編集部

最終更新:3/30(月) 10:53
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事