ここから本文です

新型コロナ休校の影響で 立山町 自主学習で不安解消を/富山

3/30(月) 19:17配信

チューリップテレビ

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、小学校などが休校した影響で、立山町では、この春中学生となる児童たちが、学習の遅れに不安を感じないよう30日から町の施設を使った自主学習が始まりました。

 自主学習が行われているのは、立山町元気交流ステーションの会議室です。
 初日の30日は、今月町内の小学校を卒業した児童およそ20人が、6年生の復習問題に取り組んでいました。
 自主学習の場には、元教職員や大学生あわせて5人以上が常駐し、子どもたちの質問に答えるなど、学習をサポートします。
 立山町では、今月2日から24日まで小学校が休校したため、中学校進学を前に、学習に不安を感じないように卒業生のうち希望者を対象に自主学習が企画されました。
 この学習の場は、来月3日まで設けられます。

 「わからないところを聞けるので、いいと思います。中学校不安だったけど、ここで勉強が出来て良かったと思います」(児童)
 「中学校に入学するわけですが、その不安を解消するといったようなことになればいいなと思っております」(立山町教育委員会・大岩久七教育長)

 立山町の中学校の入学式は来月8日に行われます。

チューリップテレビ

最終更新:3/30(月) 19:17
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事