ここから本文です

中日がナゴヤ球場で消毒作業 “コロナ感染”伊藤隼が22日までの練習試合で同球場を使用…今後も継続して消毒へ

3/30(月) 9:42配信

中日スポーツ

 中日は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、名古屋市中川区にある2軍本拠地・ナゴヤ球場の消毒作業を行った。感染が確認された阪神・伊藤隼太外野手(30)が、同球場で22日まで行われた2軍練習試合に出場していたこともあり、防護服に身を包んだ清掃作業員3人が薬剤を染み込ませたペーパータオルで一塁側ベンチやロッカーを中心に消毒。三塁側ベンチや施設の全部屋、エントランス、階段の手すりなど、選手が手を触れそうな箇所を入念にふいて回った。

【写真】荒木コーチの『紙』対応

 同球場の平田和夫球場長代理は「これからも定期清掃の一環として薬剤による拭き取り消毒をします」と新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着くまで消毒作業を毎日続けるとし、「選手が安心できる環境をつくるために、準備を進めていきたい」と話した。

最終更新:3/30(月) 9:42
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事