ここから本文です

2017年の強気相場以降、ビットコイン市場はいかに変化したのか

3/30(月) 15:51配信

CoinDesk Japan

最近のビットコイン市場のボラリティは業界のベテランには馴染みがあるかもしれないが、現在の状況は、2017年後半にビットコインが2万ドル近くに急騰した頃とは大きく異なっている。

3年間での洗練

つまり、今はフィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)からバックト(Bakkt)まで、ビットコイン取引と保有を目的としたウォール街の洗練されたインフラがある。

別の例としては、仮想通貨仲介スタートアップのタゴミ(Tagomi)は2018年にユニオンスクエアベンチャーズ(Union Square Ventures)出身のジェニファー・キャンベル(Jennifer Campbell)氏が共同創業し、ピーター・ティール(Peter Thiel)氏のファンドから支援を受け、機関投資家向けに価格変動のないプラットフォーム間での取引を行う選択肢を提供している。

「前回の強気相場では、きれいなウェブサイトを備えたトレーディングデスクが数多く存在したが、裏側では作業は手作業で行われていた」と個人アカウントで運営されていたファンドもあったことをキャンベル氏は語った。

最近、サンフランシスコではビットコインに特化したスタートアップ企業リバー・ファイナンシャル(River Financial)のような、敢えて保守的なスタンスを取る取引所が大手金融機関UBS(Union Bank of Switzerland)出身のゼヴ・ミンツ(Zev Mintz)氏といった才能を引き付けている。

ミンツ氏は、強固な貸付市場と信用取引の組み合わせが2020年の流動性の「巨大な牽引役」となり、同時に「決済システム」のユースケースを拡大させるだろうと述べた。

実際、Coinbase(コインベース)によると、商業への導入は控えめだが継続している。一方、オーケーエックス(OKEx)の金融市場ディレクター、レニックス・ライ(Lennix Lai)氏は、現在、デリバティブはプラットフォームの日次グローバル取引高の66%近くを占め、オプション取引のみで20億ドル以上にのぼると述べた。

1/3ページ

最終更新:3/30(月) 15:51
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事